十六銀行の金利計算方法について

十六銀行では継続収入があればパートやアルバイトのような非正規雇用の方や主婦であってもカードローンの契約を組むことが出来ます。
その場合の金利は年7.6%~14.95%としています。
この範囲のどの辺りを適用するかはカードローンの申込み時の審査で決まります。

この金利の中には保証料も含まれています。
この金利は市場の金利水準により随時変更をする変動金利を採用しています。
他行に比べて対象範囲が広い分、若干金利も高めの設定になっています。
十六銀行のカードローンでの金利計算は、付利単位を1円とした1年を365日とする日割計算により算出します。
つまりカードローンで借りたお金を100日で返済するのであればかかる金利は365分の100となるわけです。
十六銀行のカードローンにおける金利計算はこのように行われます。
返済はミニマムペイメント方式といい、借入金額の残高に応じて支払う額を決める方式をとっていますので実際には一括返済ではなく徐々に残高が減るような形式になっています。
そのため金利計算は複雑になってしまうので日割りの金利が最も対応しやすいということになります。

実際のところでは、どこの金融機関でも大体金利計算は日割で行われます。

Comments are closed.